おもらし系作品取扱サイト

ここでは、おもらしシーンのある作品を扱っているサイトをいくつか紹介します。


・ABV(アキバブロードバンドビジョン)

フェチ・マニアックのための厳選フェチ動画の高画質ダウンロードサイト。
コスプレからキャットファイトまで幅広く取り扱っているフェチ業界最大手。
もちろん、おもらし動画も扱っています。

当ブログのオリジナルお漏らし動画も配信されています。


・DMM

3次元のエロ動画はもちろん電子コミックや同人など2次元作品でも、おもらしを扱った作品が充実している総合サイト。

電子コミックは100円~300円(税抜き)と安く、同人はお漏らし好きなサークル又は個人が創作しているので良作が多いです。
なので、どちらもお薦めです。

とにかく、CMなどでも有名な、あのDMMなので安心して利用可能です。
初めてネットでアダルト作品を購入する場合でも、抵抗なく登録・利用できます。

同人カテゴリのおもらし系人気作

おもらし
                   おもらし

動画カテゴリのおもらし系人気作

登録は当然、無料。テレビCM等でもおなじみの、あのDMMであり、しかもメールアドレスだけで簡単に登録できるので安心・安全です。

一度会員になっておけば『バスケットに入れる』ボタンを押すと、ログインして購入手続きに入ることができます。

支払い方法はクレジットカードの他、DMMマネーといってコンビニや銀行振り込みで支払える方法もあります。


・DLsite

同人をはじめとする2次元作品が充実したダウンロードサイト。
成人向け作品も豊富で、色々な性癖に対応しています。
おもらしも、もちろん一つのジャンルとして確立されています。

脱ぐのに手間取るスポーツ衣装での失禁劇

特に同人などは、ここでしか手に入らないものも少なくありません。
各サークル、それぞれの性癖に対して、拘りの作品をリリースしてきます。
大手やプロではありえないレベルのマニアックな作品に出会えることも。


・JADE NET & スラムオンラインショッピング

盗撮系のお漏らし映像作品や、野グソ・野ションもの等が充実した、JADE groupのサイト

JADE NET : マニアック動画に特化したストリーミングサイト
スラム   : ジェイドグループのDVD通販やダウンロードを扱っている

同系列なので取り扱っている動画は、ほとんど同じと考えてよく(たまに例外あり、どちらかというとJADE NETの方が充実しているイメージ)、好みの方式によって選択可能。

例えば『縛り上げ放置!!お漏らし観察2 ズボンに描かれた小便地図』というおもらし動画に興味がある場合、

ストリーミングサイト
DVD通販サイト

それぞれクリック先のようなサイトで、同じ作品を違う形式で購入できます。
サンプルムービーはどちらも同じですが画質はJADE NETのほうが良いみたいです。

ストリーミングの良いところは、ネットにつながったパソコンさえあれば登録時のメアドとパスワードで、日本全国どこからでも視聴できるという点。しかも最近はスマホでも観ることができるようになり、ますます便利になってきています。

一方DVDはパソコンのディスプレイよりも大画面のテレビで、スペックや通信速度などを気にせず、リモコン片手に寝っ転がりながらエロ動画を楽しみ、もう片方の手で股間をいじることも可能だし個人的には、まだDVD派なのですが今後はストリーミングがメインの時代になっていくと予想されます。

どの方式を選ぶかは個人の環境や考え方にもよるところが大きいので、特にどちらをお薦めするとかはありません。

エロ本やエロDVDのような形あるメディアは、留守中に家族に発見されてしまう恐れもありますが、一人暮らしなら気にする必要はありません。

ダウンロードはパソコン上にデータが残ります。パソコンを2人以上で共有している場合は、厄介に感じるかも知れません。

ストリーミングはデータが残らないので、サービス終了したりサイトが閉鎖したりで、いつ視聴できなくなるかわかりません。


・DUGA

昔のGIGA系おもらし作品や日本人のおしっこEX等、シチュエーション、ストーリー重視のお漏らし映像が充実しているエロ動画配信サイト

作品数は多く、どノーマルからマニアックな作品まで幅広く扱っています。
もちろん盗撮系おもらし作品もあります。
スマホ/タブレット対応作品も増えてきています。

無料会員に登録するだけで、このようなサンプル動画が観放題となります。

会員にならなくても5本までは視聴可能ですが、メールアドレスと年齢だけで登録でき、その後も変な迷惑メール等が届いたりはしない(少なくとも管理人自身はそうでした)ので会員になっておくと、より充実したエロライフを送ることができるでしょう。

PPV(単品動画)は、単価が安いものが多いのも嬉しいところ。

Pocket
LINEで送る