月別アーカイブ: 2015年6月

おもらし染みの広がり方【衣服がおしっこで濡れていく過程】

透明な椅子に座った女子たちがおしっこを漏らし、スカートが濡れていく様子を拝めるこのシリーズも、これでもう第4弾。

続編が次々と制作されるということからも、かなりの人気ぶりがうかがえます。
 


 

今回は和服姿の和風美女も登場。
着物の尻部分が変色していく一部始終を堪能することができます。
着物という衣装を着ている女性は上品な感じがするだけに、汚水にまみれる姿は惨め過ぎて非常に萌えます。

シリーズ中でも今回は特に、スカートの種類や長さ、色などがバラエティに富んでいるような気がします。
初期はグレー系のタイトスカートがメインだった印象があります。
次回はチャイナドレスなどの萌え衣装でのお漏らしも期待したいと思います。

スカートが濡れゆくお漏らし 其ノ四

リアルなシチュエーションに拘っているというのも、このシリーズの特長。
トイレに行けない理由があるからこそ、おしがまやお漏らしに興奮するのです。

Pocket
LINEで送る

金髪美女大量ゲロ下痢グソ噴射洋画【Sick Stick欲しい】

普段あまり映画は見ないので、こんな素晴らしい汚物系洋画があるなんて知りませんでした。
大勢の前で、みっともなく大量のゲロと下痢グソを噴射してしまう、ゴージャスな金髪美女。

まずブシャーっと嘔吐、その後ブビーブバーと爆音を響かせながら脱糞
どちらも信じられないほどの量。胃や腸の容量を超えてしまっているのではないか、と思ってしまいます。

この動画では漏らした直後に終わってしまっているので、この後どうなったのかも気になります。
欲を言えば、下痢便を噴出している尻付近のアップ映像も欲しかったです。惨めな後始末シーンも。

どのように撮影されているかわかりませんが、とにかくリアルなゲロと下痢便
汚物を撒き散らすだけで命には別状ないだけに、恥ずかしさだけが際立ちます。

ゲロ下痢棒、欲しい。触れただけで小便垂れる棒もあれば最高です。
もし実在するのであれば、スカトロマニアやお漏らしマニアなら100万円でも買うでしょう。
効果が強すぎて我慢シーンがないのが残念、強さの調節もできれば尚良し。

Pocket
LINEで送る

強制うんこ我慢(うんがま)脱糞【街中浣腸下痢糞大量噴射】

街中で、自分で浣腸するという羞恥プレイを強制された女性たち。
そのまま街を歩き続け、我慢できなくなって下痢便を大量噴射してしまいます。

酷い便秘の人が便通するために使う最後の手段となりうる浣腸の威力は、一度でも使ったことがある人なら思い知っているはず。
肛門から直接、腸内に注入し薬の力で液状化させムリヤリ大便を排泄させるのだから、抗うことは不可能に近いでしょう。

街中で浣腸娘 ガマン後の大量ゲリ便!!

街中だろうが人が見ていようが、我慢の限界を迎えたら排泄から逃れることはできないのです。
野外で尻を晒し、屈辱の脱糞。地面に広がる大量の糞。下着は汚れ、尻も糞まみれ。
惨めな女性たちの姿に興奮します。

Pocket
LINEで送る

おしっこ我慢(おしがま)専門のアダルト動画【お漏らし無し】最新作

『おしがま』というワードは知っていても、『おもらし』ジャンルの1分野に過ぎないと思っていました。
おしっこ我慢(おしがま)専門の、漏らさない動画が新着配信となっています。
我慢シーンのみという、マニアック過ぎる動画は今まで見たことがありませんでした。

おしがま娘おしっこ我慢限界

とにかく、この女優さん、可愛い。
そしてスタイルも抜群で美乳・美尻。清楚系の長髪美白美女です。
こんな娘が必死に『前押さえ』や『足クロス』、『足踏み』や『膝すり合わせ』などの『おしがま』定番ポーズでおしっこ我慢しているのを見ているだけでボッキしてしまいます。

最近はスカトロOKでも、可愛い女優が多くなってきましたが少し前までは、排泄に対応してくれる女優は大抵イマイチだったと記憶しています。
個人的には漏らすまで見たい派ですが、排泄・放尿系NGだからこそ美女の『おしがま』が堪能できるというのであれば、おもらしシーンは別になくても構わないような気もしてきました。

おしがま娘おしっこ我慢限界

女性1人のおしがまだけで1時間12分以上って、長すぎるようにも思いましたが、視聴していて退屈しないような構成で制作されています。
OLやブルマー、道着など色々なコスチュームやシチュエーションで、それぞれおしっこを我慢します。
その様子が全体アングルと股間アップの固定カメラ2台と、手動カメラの計3台でそれぞれ撮影されています。
それらをトータルして、1時間以上たっぷり楽しめる映像となっています。

個人的には床にお姉さん座り(横座り)した状態でパンスト美脚を擦り合わせる仕草にグッときました。

低予算なのか背景が固定なのが残念ですが、非常に萌える仕草や表情です。
くすぐりで有名なドクター松下門下生の作品ということもあり、漏れそうな娘にくすぐりの刑をする場面も。
くすぐっているのは、まさか驚異のくすぐりテクを持つというドクター本人か?

くすぐられた美女が笑いこけながら「出ちゃう」「漏れちゃう」とジタバタするシーンも、意外と興奮しました。
くすぐりマニアとお漏らしマニアって比較的、近い性癖なのかもしれません。
『くすぐり失禁キャットハウス』という老舗の有名おもらし系サイトがあったことを思い出します。

Pocket
LINEで送る