月別アーカイブ: 2015年2月

広がっていくお漏らし染み【スカートやズボンが濡れていく様】最新作

このシリーズも、三作目がつくられるほどの人気おしっこおもらし企画動画。
基本、やっていることは同じみたいなのでシリーズ1作目や2作目を視聴していれば、もう魅力を感じないかもしれません。
シリーズのファンは全部揃えるのでしょうが、どれか一つで充分な気もします。

レーベル側の説明によると、シリーズを追うごとに毎回進化してきているとのこと。
ですがコスチュームとしては、スーツに偏っている気もします。
どうせシリーズ化するのなら、色々な服装でおしっこが広がっていく様子を見てみたいと思います。
同様な内容でスカートに拘らないバージョン、ブルマーとか、看護師とか、袴とか着物とかチャイナドレスとか。

このシリーズはシチュエーションも重視しているから無理かもしれません。
体操着であるブルマーで、椅子に座るシチュって、そうそう無さそうですもんね。
運動会の応援席とかぐらいでしょうか。
透明な椅子を使って漏らした尿の広がり方を見るという、企画そのものは好きなので、次回作にも期待しています。

タイトルにはスカートとしかありませんが、ズボンも一人収録されています。
ズボンはスカートと違い、立っていてもおもらしの被害をまともに受けるのですが、座ると更に酷い濡れ方になります。
薄いベージュのパンツスーツが後ろ半分変色しまくっています。

スカートが濡れゆくお漏らし 其ノ参

Pocket
LINEで送る

おもらしシーンまとめ動画【我慢限界黄金色の液体大量失禁】最新作

22人もの美女達の失禁&おもらしを、4時間にもわたって堪能できる動画。
尿意を我慢しきれなかった恥ずかしい女性たちの恥辱の着衣放尿シーンに萌え。

失禁&おもらしコレクション4時間

ところで『失禁』と『おもらし』って、わざわざ分けて書いてありますが何が違うのでしょうか。
調べてみると、どちらも自分の意思とは無関係に大便あるいは小便を漏らしてしまうことのようですが。
違いはよくわかりませんが、失禁というと医学用語っぽいイメージがあり、おもらしと聞くと幼児の失敗を想像します。

我慢できずに漏らすことをいうのであって、意図的な着衣放尿は厳密には失禁ではないことになります。
アダルト動画でたまに見かける、自分からスカートを捲ってパンツを見せつけ笑顔で漏らすプレイは含まれないということです。
お漏らしプレイとは言わずに、着衣放尿プレイなどと表現するべきなのでしょう。

着衣であるかどうかには言及されていないので我慢できずに漏らしたのであれば、裸でもおもらしと呼べそうです。
でも普段から裸で生活しているわけではないので、あまり現実的ではありません。
風呂場で急に催しトイレに移動する前に漏らした、とかだったら我慢できずに裸でおもらししたことになるでしょう。

おもらしや失禁という言葉を聞くと、やはり着衣状態で漏らして服をビショビショにしているイメージがあります。
我慢の限界であっても、野外放尿などでは自分の意思で下着を下ろしてしゃがんでいる時点で、意図的な放尿といえます。
だから大抵、おもらしといえば着衣お漏らしを指すといって良いのではないでしょうか。

失禁&おもらしコレクション4時間

Pocket
LINEで送る

連続おもらし動画【水分を多量にとった女性たちのおしがま】最新作

コンセプトがユニークで、よく理解できない小便おもらし動画。
説明文を読んでも、何やら難しいことが書いてあり理解できませんでした。
とにかく水分を多量に摂取した女性たちがオシッコを漏らしまくる映像が楽しめることは確かなようです。
タイトルにも『連続失禁』や『追いお漏らし』といったワードがあり、何回も尿を漏らすことが予想できます。
ビジュアル面では、おしっこお漏らしする様子が全身アングルやパンツアップアングルで楽しめます。

尿意解放後に待ちうける禁断の追いお漏らし

Pocket
LINEで送る

街中おもらし女を間近で【ズボンに広がっていくお漏らし染み】最新作

ズボンに拡がっていく染み、アスファルトには大きな水たまり。非常に萌えるお漏らし画です。

個人的には、お漏らし動画にはリアリティを求めているのですが、この作品は少しわざとらしくも感じます。

スカートを捲ってパンツを見せながら漏らす女性ばかりなのです。
捲らなければスカートが濡れてしまう、それは分かります。
でもオシッコかからないように捲っているというよりは、カメラにパンツ見せつけているかのように大っぴらにスカート全開しています。

わざわざ尻を突き出すようなポーズをとってから漏らす女子がいるでしょうか。
平静を装い、何事も無かったかのように着衣放尿を済ますか、股間を押さえて最後まで抗って果てるかのどちらかでしょう。

あと、漏らす場所。
近くにトイレは無かったにしても野ションポイントはありそうな場所なのに、人目につきそうな広い場所で堂々とおもらし。

わざとらしくセリフを吐きながら漏らすのも、リアルに思えません。
限界を超えて漏らしてしまった場合、声も出ないような気もします。
声をあげたとしても、軽い悲鳴ぐらいではないでしょうか。

限界女盗撮 お漏らしギリギリ大接近

それでも、この作品のタイトルに合った内容で、オシッコを漏らす女性の様子を近距離から拝めるビジュアル的には素晴らしいお漏らし映像だと思います。
跳ね返る水しぶきがカメラにかかってしまうシーンまであるほど近場から撮影されたおもらし動画。
漏らしたオシッコが地面に叩きつけられているビチャビチャ音もバッチリ収められています。
ここまで接近できている時点で、リアリティを求めてはいけないのかも知れません。
本編では20人もの女子のお漏らしが、約126分にもわたり収録されているので、きっと誰しも好みのお漏らしに出会えることでしょう。

Pocket
LINEで送る